-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-18 01:11 | カテゴリ:スピリチュアル
許すということは、自分を解放することです

人を許す、自分を許す

許しは、自分も他人も全てを自由にします

そして、許しの先には愛があります


反対に怒りは束縛を生みます。

たとえば人に嫌な思いをさせられたとき、私達は怒りを覚え、その人を恨み、イライラしたり悲しくなったりしてしまいます

そして、しばらくの間、その嫌な思いを事あるごとに思い出し、ネガティブな感情にとらわれ続けてしまいます。

それは結局の所、ますます自分で自分を傷つけていることになるのです


たとえば一方的に、自分が被害者のように感じるような出来事であっても、それは結局自分が引き寄せたものかもしれませんし、そこには必ず何かのメッセージが込められています

客観的に見て、この出来事にはどんなメッセージが込められているのだろうと見ていくこともいいのですが、実は単に「愛を持って許す」という学びなのかもしれません。

無償の愛、無条件の愛、キリスト意識、そこに繋がるにはまず「許し」なのです。

人を許す、自分を許す、それはとても難しく感じます

たとえ1度許して手放せたとしても、また後からふつふつと湧いてくることもあります。

それでもまた許す。

その繰り返しになるかもしれませんが、許しが起これば簡単に手放し解放されます。


これらのことに気づけても気づけなくても、簡単なアファメーションで許しのワークを行うことができます。

怒りを感じ、許せなくなってしまった人の顔を目の前に思い浮かべ、

「私はあなたを許します。そして、手放します。」と唱え、光を当てて向こうに放り投げます(笑)

これだけで、スーッと心が軽くなり解放されていきます

できれば大天使ミカエルや大天使ザドキエル(ザキエル)のサポートを受けると良いでしょう

そして最後に、怒りを感じてしまった人と、サポートしてくれた天使達に感謝の気持ちを伝えます

最近、私自身も含め、セッションの中でもこの許しというものがキーワードになっていることが続きましたのでちょっと書いてみました

ちょいと偉そうな私!?お許しを~

















スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://seraphnaturalgarden.blog111.fc2.com/tb.php/134-f84123ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。